前へ
次へ

家族葬をすすめる理由

葬儀を主催するのは一生のうちにそう何度もないことです。
式をどうしたらいいのかよく、分からない人も多いのではないでしょうか。
特に頭を悩ますことに、参列者の希望を反映することだと思います。
参列者が多くのなると、数百人レベルになるので下手をすると喪主はパニックになり倒れてしまうかも。
そのような問題に直面している人は、家族葬を取り入れてみてはいかかでしょうか。
家族葬になると、参列者10人から30人程度になります。
また参加する人も家族や親族が中心となるので、参列者のことをよく知っているし、喪主の意思を尊重してくれることでしょう。
食べ物のことやお返しの品のこと、連絡の仕方などさまざまなことが、グッと楽に。
顔見知りの人が集まることになるので、アットホームに式を送れることも魅力です。
会社のお偉いさんや取引先の社長が来た場合、気を使ってしまいます。
葬儀は故人のことを想うことが大切ですが、それをまじりっけなく実現できるようになりますよ。

Page Top